ハンブルク

ハンブルク市庁舎 Rathaus でネオルネッサンス様式の豪華な内装を見学する

更新日:

ハンブルク市庁舎

こちらがハンブルク市庁舎で普段はハンブルク州議会の議事堂として利用されています。昔ハンザ同盟で栄えた、緑色の屋根が特徴的なルネッサンス様式の大変立派な建物です。クリスマスにはクリスマスマーケットが開かれます。

↑建物内には正面中央の扉より入場可能です。エントランスからかなり期待できる豪華さ♪

 

中にひとたび入るとその豪華さはもちろん、その大きさにも驚きます。シャンデリアや柱、天井、窓、ドア等どれをとっても一つ一つに細かい装飾が施されておりまるで宮殿に立っているかのような気分になりウットリとしてしまいました。

入り口を入ったところのエリアに受付があり、ツアー催行予定の時刻が貼りだされています。そこで希望時間を伝えて内部見学チケットを購入することができます。

ガイドツアーの言語はドイツ語ですが、英語ツアーも本数は少ないながら、開催しています。希望の方は受付に案内があるので確認してみてください。

この素晴らしい装飾を施した扉の向こう側が要チケットのエリア。立派な調度品が重厚な内装の部屋数は647室。

建築様式:ネオルネッサンス

ガイドツアー:有

中庭の噴水にはギリシャ神話の女神ヒュギエイア

この日はあいにくの雨でしたがそれでもうっとりしてしまうような綺麗な中庭。こちらは無料で入れます。

この噴水はコレラの大流行で多くのの犠牲者を出したという出来事の追憶のために作られたといわれています。噴水の中央では,健康と衛生を司るギリシア神話の女神ヒュギエイアが疫病をあらわす竜を制しています。

 

運河を挟んで市庁舎の向かい側にはカフェが数軒並んでおりお茶を飲みながら市庁舎を眺められて大人気♪です。

運河には鳥たちが泳いでいて優雅な時間がゆっくりと流れます。

 

ハンブルグ市庁舎

U3 Rathaus下車すぐもしくは Hauptbahnhof から徒歩15分。

ガイドツアー所要時間 約40分

開催日 月-金11時~16時、土10時~17時、日10時~16時

上記時間内で30分おきにツアー催行。

※注意事項※

英語ツアーは本数が少なく不定期。本市庁舎は、ハンブルグ州議会の議事堂でもあるため、公式行事やイベントが開催される時はガイドツアーはおこなわれません。ツアーの詳細情報については、以下HPにて確認する事ができます。

見学予約はネットでも可能です。(ドイツ語)

入館料 大人4ユーロ、14歳以下無料

*2017年9月時点の情報です。

 

施設名:ハンブルク市庁舎

英名:Hamburg City Hall

独名:Hamburger Rathaus

住所:Rathausmarkt, 20095 Hamburg, Germany

おまかせ+大人の海外ツアー

スポンサーリンク

おまかせ+大人の海外ツアー

スポンサーリンク

-ハンブルク

error: Content is protected !!

Copyright© どいちゅびって , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.